最短審査30分!即日キャッシングのオススメは?

即日キャッシングは未成年でも可能?

未成年の方でも融資を受ける方法としては、学生ローンというものがあります。

 

ただし、学生ローンを受けるには、店舗のみでの融資を基本としているので来店することが必須となります。

 

ほかに、店舗の近くに自宅があることなど、利用できる方も限られてきます。

 

大手の消費者金融とは違って、返済方法や借り入れる方法が少なく、即日融資を受けることができますが、来店が必要となります。

 

ただ、賃金業者としての登録はしているので、闇金を利用するよりかは、はるかにマシです。

 

もちろん未成年とは言っても、18歳以上でアルバイトなどをして収入がある方で、学生証の提示など多くの条件があります。

 

このように学生ローンは簡単に借り入れることができず、簡単に借り入れるができる学生ローンもありません。

 

 

未成年の借り入れがしにくい理由

大手の消費者金融のみならず、一般的に消費者金融は利用するために満20歳以上の年齢制限があります。

 

逆に、20歳以上でアルバイトなどの少しでも安定した収入があれば学生でも主婦の方でも利用することができます。

 

一般的に未成年の方は融資を受けることができません。

 

成人をしているかが重要となってきます。

 

成人と言うのは、心身が発達して1人前となった人、子供が成長して大人になったという意味があります。

 

大人になったということは、責任というものが付いてくるようになります。

 

自分の行動に責任を持つのが成人であり、消費者金融からお金を借り入れる時にも同じことが言えます。

 

借りたお金は必ず自分の収入から返済していくこと、これがお金を借り入れた時についてくる責任です。

 

 

キャッシングができるようになる成人

一方で20歳以上となる成人になるとキャッシングができるようになります。

 

学生でも主婦でも違いはありません。

 

あと、安定した収入があるということがキャッシングを申し込む際の条件となります。

 

銀行カードローンでは審査の収入に関しての条件が厳しいですが、それに比べて消費者金融は比較的に審査が通りやすいです。

 

銀行カードローンの申し込み条件として多いもの

  • 前年度の税込み年収200万円以上であること(収入の条件)
  • 勤続年数1年以上であること(勤続年数の条件)
  • 正社員として勤めていること(アルバイト、パート不可)
  • 銀行営業区域内に自宅か勤務先があること(エリアの指定)
  • 保証会社による保証を受けることができること

消費者金融の申し込み条件

  • 安定した収入があること

 

キャッシングできる年齢になったとしても、キャッシングをするところによっては条件がかなり違ってきます。

 

学生でも成人になったらキャッシングができるようになります。
さらに消費者金融への申し込みだと利用条件が厳しくないので、借り入れがしやすくなっています。