最短審査30分!即日キャッシングのオススメは?

審査をスムーズに終わらせるコツとは?

お金が突然必要となったという時に、即日に融資を受ける方法は数多くあります。

 

しかし、そのためには重要な要点を捉えておかないと今日中にお金を借りることは難しくなるでしょう。

 

融資を受けるまでの簡単な流れとしては、

  • 申し込みをする
  • 審査がある
  • 契約をする
  • 融資が行われる

この4つを行う必要があります。

 

ここでは、審査がスムーズにできるようにするコツについて紹介していきたいと思います。

 

 

審査に時間がかかる理由とは

消費者金融などの公式キャッシングホームページを見てみると最短30分というような表記がされているのを見かけると思います。

 

そしてその文章の近くに小さく、審査状況によっては審査時間が掛かってしまう場合があります、と表記されていることが多いです。

 

審査に時間が掛かってしまうという場合はどういうときなのか知っておくとこれから、即日融資をしなければならないという時に便利です。

 

なぜなら即日融資を希望したい時は、時間をかけないことがとても重要なものとなります。

 

なので、どのような時に審査が長引いてしまうのかを確認していきましょう。

 

過去の信用情報に問題がある

審査で一番重要となるの項目は、信用力です。

 

今までの債務情報を個人信用情報機関で照会して調べられ、問題などがあった場合にはそれをまた詳しく調べられるので時間が掛かってしまいます。

 

信用情報に異動情報、いわゆるブラックリストに載っていると、残念ながら融資は受けられない否決という結果がすぐに伝えられます。

 

他社からの借り入れ金額が多い

消費者金融には総量規制があるために他社からの借り入れ金額を含めて年収の3分の1までしか借り入れすることができないという上限があります。

 

なので、すでに他社から借り入れをしている場合は、総量規制に抵触しないように注意しながら融資の限度額の審査が行われます。

 

 

申込書に不明瞭な点がある

インターネットで申し込みができる、自動契約機で契約ができる、ほかにも電話や郵送などで手続きを終わらせることができるので、実際に店舗に出向いて人と面談などをする必要がありません。

 

しかし、そのために申し込み書に書いた内容が申し込み者の情報を知る唯一のものとなるので、そこに不意明瞭な記載などがあると審査中に電話での確認が行われる場合があります。

 

連絡がつかない

審査の結果が出て、融資を受けることが可能となったとしても、申し込み書に記載された電話番号に連絡が付かなかったりすると、審査の結果を申込者に伝えることができないとなります。

 

そうなってしまうと、結果は後日に郵送で伝えられることになり、即日融資はできないものとなります。

 

 

審査をスムーズにできるようにするコツ

申込書にミスが無いように記入する

審査する側は申し込み書に記載された情報をそのまま鵜呑みすることはありません。

 

ですが、顔を合わせずに契約をすることになるので、申し込み書に記載されている情報が申込者のことを知る大切なものとなります。

 

  • 申し込み書に空欄がある
  • 読み取ることができない文字
  • あいまいな情報

即日に融資を受けるためにもこの3つのことに気をつけないといけません。

 

消費者金融の審査では、はっきりしない情報をそのままにすることは絶対にしませんが、はっきりしないからといって、否決にするということもしません。

 

はっきりしない情報などについては、電話やメールなどで確認が行われます。

 

こうなってしまうと時間が掛かってしまうことは確実です。

 

 

連絡がとりやすい連絡先にする

時間が掛かってしまう理由として、結構多いのが申込者との連絡が取れないことです。

 

審査の結果を知ることが出来る方法は、電話かメールとなりますが、連絡が取れないと、その日に審査結果を伝える方法がありません。

 

かといって、審査側は放置することはせず、電話かメールで連絡が取れないと、後日に郵送で結果を伝えることとなります。

 

なので、必然的に時間がかかることになり即日融資はできなくなります。

 

  • 記入した電話番号とメールアドレスに間違いがないかの確認
  • メールアドレスの受信設定を見直しておく

この2つのことをしっかりと確認しておき、申し込んだその日に審査の結果が受けれるようにしておきましょう。