最短審査30分!即日キャッシングのオススメは?

キャッシングをする上で重要な消費者金融の法律

突然お金が必要となった時に、お金を借りるには今しかない、早く借りないと、というような気持ちになると思います。

 

しかし、消費者金融という業者から契約をすることによってお金を借りるという大事な意味をよく考えないといけません。

 

賃金業法が改正されたのは2010年のことで、それまでは消費者金融主体の賃金業法となっていましたが、今では消費者金融と利用者のどちらも主体となる賃金業法に変わりました。

 

改正前は、消費者金融を含めた賃金業のためにあるような利用者にとっては安心して利用ができない状態でした。

 

そのときの消費者金融は、法律で決まっている、法律で許されているなどと、法を盾にして営業をしていたため、利用したい人にとっては、消費者金融を簡単に利用できる状態ではなかったと言うこともありました。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、改正される前の消費者金融は、サラ金や高利貸し、街金などと言われていました。

 

総量規制による借り入れ金額

賃金業者法が改正されたことによって総量規制というものが定められました。

 

総量規制ができた理由は、多重債務を防止するためです。

 

これにより、個人が賃金業者からお金を借り入れできる総額は年収の3分の1までとなりました。

 

簡単に説明すると、総量規制は個人が借り入れできる金額を制限するためのものです。

 

総量規制が定められたことによって消費者金融から借り入れができるお金の限界金額は低くなってしまいました。

 

しかし、年収の3分の1という金額は決して安い金額ではないと思います。

 

さらに、返済能力を踏まえたとしても十分に返済ができる金額でもあります。

 

危険もある

 

気をつけないといけないのは返済能力を超えない金額が決して年収の3分の1ということではありません。

 

例えば年収が300万円とすると、総量規制で消費者金融から融資してもらえる金額は100万円となります。

 

年収は300万円となると月収は25万円となり、消費者金融からは100万円の借金と考えると決して小さな金額ではないということがわかると思います。

 

何が言いたいのかというと、総量規制で年収3分の1は返済するのにも安心できる金額、と思わずに、必要な分だけ借り入れる金額を決めて、返済のことをしっかりと念頭に置き、借り入れする金額を慎重に決めるということが大切だということです。

 

 

金利の上限が決められている

消費者金融は金利が高いイメージがあるのではないでしょうか。

 

しかし、金利は無限に上がっていくものではありません。

 

利息制限法という金利の上限を決めている法律があります。

 

元金 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

 

元金によって上限金利は決めらるもので、消費者金融の金利はよく不明確とされていますが、利息上限法によって上限金利を知ることができます。

 

例えば、上限金利を20パーセントで設定している消費者金融があるとします。

 

借り入れした金額が10万円未満であれば20パーセントが適用される可能性がありますが、逆に借り入れ金額が10万円以上となると利息制限法に基づいて、上限金利は18パーセントとなり、大手消費者金融と変わらない金利で借りることが可能となります。

 

利息制限法を知っておけば、金利を低くすることができるので覚えておいて損はないでしょう。